補聴器とは? ~後編(補聴器の種類)~

日々、店舗でお客様と接していると、「補聴器と集音器の違いは?」や「高い補聴器と安い補聴器の違いは?」、「ポケット型、耳かけ型、耳あな型はどれがいいの?」等、色々なご質問を受けることがあります。

目が見えにくくなったらメガネをするように、耳が聞こえにくくなったら補聴器をつけるということはお分かりかと思いますが、「補聴器とはそもそも何か?」補聴器の基本的なことについて以下の順番でご説明していきます。

 

1、補聴器の基本

(1)補聴器の定義

(2)補聴器の構造

(3)補聴器の装用

2、補聴器の種類

(1)補聴器と集音器の違い

(2)アナログ補聴器とデジタル補聴器の違い

(3)補聴器の形(耳かけ型、耳あな型、ポケット型)

(4)高い補聴器と安い補聴器の違い

 

このページでは、「2、補聴器の種類」をご説明いたします。
「1、補聴器の基本」はこちらをクリック

 

2、補聴器の種類

(1)補聴器と集音器の違い

 「補聴器の種類」と題しておりますので、ここで集音器の話をするのは場違いな気がしますが、補聴器と集音器が同じものであると認識されている方が少なからずいらっしゃいます。「新聞とかテレビCMでやっている安い補聴器っていいの?」という質問をお客様からよく受けることがありますが、そのほとんどが、補聴器ではなく集音器になります。

 では、補聴器と集音器の違いは何でしょうか? 主に三つございます

 まず一つ目は、補聴器は医療機器であり、集音器は医療機器ではないということになります。では、医療機器である必要があるのか?前述で、補聴器は管理医療機器であると述べましたが、この管理医療機器と認可されるには、安全面や効果等、厚生労働省が定めた一定の基準を上回らなければなりません。さらに、医療機器の販売にも管理者を設置しなければならない等の制限があります。したがって、補聴器(管理医療機器)は、安全性と効果がある程度認められているものといえます。他方、集音器には販売や製造に関して特別な制限はありませんので、通販やネット販売等でも簡易に手に入れることができるのです。

 

 二つ目は、性能の違いです。集音器よりも補聴器の方が、圧倒的に性能が高くなっております。集音器のほとんどは、基本的に音を増幅するのみの機能しかないのに対し、補聴器には音の増幅はもちろんのこと、指向性(音の方向がわかりやすく、言葉に集中する)・雑音制御(周りの雑音を抑え、騒音化での言葉を聞きやすくする)・衝撃音の緩和(突然の大きな音を緩和する)等の機能があり、周波数ごとの調整等補聴器を装用される方一人一人の耳に合わせることができるのです。

 三つ目は、価格の違いです。前述したように集音器と補聴器の差が価格に表れており、集音器は1~2万円程度ですが、補聴器は安くても10万円から50万円程度まであります。

(2)アナログ補聴器とデジタル補聴器の違い

 近年の補聴器はほとんどがデジタル補聴器ですが、一昔前までアナログ補聴器が主流でした。アナログ補聴器は、マイクで音を拾いアナログ信号のまま音を増幅し、レシーバーから音を出します。それに対して、デジタル補聴器は、マイクで拾った音をデジタル信号に変換し、レシーバーから音を出します。と言ったところで何が違うかよくわかりませんが、デジタル信号の場合は音を加工することが可能になり、雑音を抑えるなど様々な機能を働かせることができるのです。それにより、よりよい聴こえを提供することができ、アナログ補聴器の問題であったピーピー音などが解消されているのです。

(3)補聴器の形(耳あな型、耳かけ型、ポケット型)

 補聴器には主に3種の形状があります。それぞれの特徴は以下の通りです。

①耳かけ型

耳の裏に補聴器本体を掛け、耳栓を耳の中に入れる補聴器が耳かけ型です。
メリット
・小型で見えにくく装用感の良いタイプから、手先が不自由でも扱いやすいタイプが選択できる
・軽度難聴から重度難聴まで対応可能
・カラーバリエーションが豊富
・お店に在庫があれば、すぐに購入できる
デメリット
・汗に弱い(最近は汗に強いタイプもある)
・耳にかけている部分にマイクがついているため、髪がすれる音などが気になりやすい
・メガネやマスクと併用すると、引っかかって脱落してしまう場合がある

②耳あな型

耳の穴にすっぽり収まる補聴器が耳あな型です。
メリット
・小型で見えにく装用感の良いタイプから、手先が不自由でも扱いやすいタイプが選択できる
・軽度難聴から高度難聴まで対応可能
・耳の型を取って作製するため、脱落しにくい
デメリット
・耳かけ型の装用感の良いタイプと比べて、こもり感がある

③ポケット型

本体とイヤホンをコードでつないでいる補聴器がポケット型です。
メリット
・価格が安い
・軽度難聴から高度難聴まで対応可能
・操作がしやすい
デメリット
・ポケットの中でのすれる音などが気になりやすい
・常にイヤホンをつけているため、見た目が気になる

(4)高い補聴器と安い補聴器の違い

 補聴器は、片耳で5~50万円程度とかなり価格に幅があります。補聴器の形によっても価格がことなりますが、平均的な価格は15~20万円前後となります。

 なぜ補聴器は高いのか?
補聴器の価格には、購入後のメンテナンス費用などが含まれているからです。補聴器は買えば終わりということではなく、2~3カ月に一度ご来店いただき、補聴器のクリーニングや点検を行います。また、必要であれば聴力測定を行い、補聴器の音の調整も行います。それら、クリーニング費用・点検費用・測定費用・調整費用が補聴器の購入代金に含まれているということになります。
※部品交換やオーバーホールを要する点検等は別途費用が掛かります。
また、補聴器は精密機械であり、開発に多額の費用がかかっているということも、補聴器が高価な理由の一つです。

 では、高い補聴器と安い補聴器の違いですが、まず補聴器の形(耳かけ型か耳あな型)で価格が大きく変わることはございません。補聴器の性能(中に入っている機械)によって価格が変わってきます。メーカーにより多少の差はありますが、価格が高くなるにつれて雑音を抑える力が強くなったり、音環境に応じて補聴器が自動的に音量等を調整してくれたりと、高機能になってくるのです。